団地・近代化遺産・建築・まちなみ

京橋会館 #04

京橋会館の一般公開06
広島市の戦後復興期の集合住宅、京橋会館の一般公開が2011年8月13・14日に行われ、私は初日に行ってきました。別の場所に寄ってから夕方近くに現地を訪れたところ、さっそく外観を見学している人達がいます。
_
京橋会館の一般公開07

京橋会館公開01
中庭の様子。それなりの人数は集まるだろうと予想していましたが、私が思っていた以上に来ていました。ほとんどが一般の方々。裏通りにあるとはいえ昔から建っていたので、地元のみなさんは知っていて何となく気になる存在だったようです。駐車場と化してからは交流の場にはあまり使われなくなったようですが、最後に中庭本来の姿を取り戻したといえます。

京橋会館の一般公開04
見学者の層は老若男女に関係なく全世代に渡っていました。

京橋会館の一般公開05

京橋会館の一般公開08
メゾネット住戸のひとつを使って京橋会館を説明するパネルを展示。建築デザインや計画学についての詳しい解説です。さらにこの2階では団地啓蒙映画『団地への招待』を上映していて、みなさん熱心に観賞していました。

京橋会館公開02
見学ツアーの模様。一般公開を主催した「アーキウォーク広島」の方の説明を見学者が聞いているところ。

京橋会館の一般公開10

京橋会館の一般公開09
ところで以前から不思議に思っていた縦長窓。この種の開口部はだいたい階段の踊り場に設けられるものですが…

京橋会館の一般公開11
京橋会館では踊り場に接して何かの部屋があり、縦長窓はこの中に付いています。踊り場なので他の居室とは半階分、床レベルがズレています。この部屋は倉庫とのこと。連続窓はモダニズム建築の基本的なデザイン要素ですが、暗くても構わない倉庫に縦長窓を設けるという見た目優先のデザインをやっているところに、どうしても連続窓を付けたい!という設計者の心情や、モダニズム建築で広島を復興するのだという意気込みを感じます。

見学ツアー中にうかがったところ、一部の倉庫には人が住んでいた形跡があるようです。電気はともかく、ガスや給排水は来ていないと思うのですが、どうやって生活していたのでしょうね。もしかしたら、別の住戸が本家で、住戸がかなり狭いので、個室を確保するため倉庫を別室に使っていたのかも。



改めて京橋会館を簡単に説明すると、戦後間もない1954(昭和29)年に広島市に竣工した集合住宅です。建設したのは広島県住宅公社(現 広島県住宅供給公社)で、後に広島市が管理する市営住宅になりました。詳しくは下記をお読み下さい。

arch-hiroshimaデルタ東部京橋会館


大きな地図で表示

京橋会館の建築的特徴は中庭型(ロの字型)の住棟です。これは欧米に多いタイプで、板状住棟の南向き配置が主流の日本では珍しい。さらに、中庭型は少数ながら日本にもないわけではないのですが、これに加えて京橋会館は街区型という点に最大の特徴があります。つまり街区(道路で囲まれた1ブロック)を建物で囲む形状です。実際は街区を完全に囲んではいないのですが、街区型建築を造ろうという意図は読み取れます。

日本で明確に街区型建築による都市開発を行った事例は、1990年代の幕張ベイタウン(千葉県)くらいでしょうか。1棟だけの囲み型に限定しなければ、同潤会清砂通アパートメントや、戦後の横浜市の防火建築帯も挙げられますが、それにしても少ない。

そこで気になるのが、京橋会館の設計者は何の影響を受けて街区型にしたのかということ。そもそもこの建物は、道路建設に伴い移転を余儀なくされた店舗の共同化事業 であり、道路に面する店舗が最も多くできるという実直な理由から街区型になりました。

では、設計者が単独でこのプランを考えたのか、それとも同潤会アパートなり欧米の事例を参考にしたのか。ある論文では同潤会の影響を受けた可能性に言及していて、ウィキペディアにもそのようなことが書いてありますが、設計者不詳につき今のところその確証は得られていません。

京橋会館の一般公開03
京橋会館は街区型を採用しても移転店舗すべてを道路側に配置できず、一部は中庭に配置されました(青い庇が架かっている一帯)。集合住宅の中庭はおおむね住民専用の性質が強いのに対して、京橋会館では部外者の立ち入りを積極的に認めていて、住民と客が入り交じる公共空間が生じていたのです。これは本当に珍しい。

年を経るにつれて店舗は衰退し、中庭はコミュニケーションスペースとしては定着せず駐車場と化してしまいますが、竣工当初における中庭の公共空間化の試みは大きく評価されるべきでしょう。



横浜市の防火建築帯をはじめ、戦後の不燃化・共同化事業の世界はかなり奥が深い。私は未読だがこの辺のことは『都市の戦後─雑踏のなかの都市計画と建築』(初田香成、東京大学出版会)に詳しい。京橋会館はこの系譜で分析すべきではなかろうか。

【関連エントリー】
京橋会館 #010203
スポンサーサイト
52年前に住んでいました。
いや~懐かしい・・・。52~53年前に住んでいました。当時小学生の私は、今で言う「越境通学」で牛田小学校に通っていました。
屋上の写真ですが、あそこが洗濯場で夏の花火大会を屋上から見た覚えがあります。ドアの色が変わっていますね。当時は水色でした。
4階に住んでいた私は、押し出し式の窓から下を眺めていました。すぐ下には貸し本屋があり、当時少年雑誌の付録も売っていました。
中庭に植木など無く、そこでバトミントンをしている写真があります。
風呂が無かったので、家族で歩いて銭湯に行っていました。
夏になると、家で水着に着替えて歩いて近くの川に泳ぎに・・・多くの人がその川で水遊びをしたり泳いでいました。
当時は、屋上の階段出口になっている所の屋根に上る梯子があって、その上で遊んだ事もありました。
もう「京橋会館」は無くなるのでしょうか・・・。
[ 2011/09/03 19:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
>Sakakiさん

貴重な思い出話をありがとうございます。中庭でバトミントンをなさっていたという、中庭がまだ遊び場として機能していた時代のお話が興味深いです。なお、京橋会館は今月(9月)から解体されるとのことです。
[ 2011/09/04 23:54 ] [ 編集 ]
昭和30年代当時の京橋会館
私のブログに、昭和30年代当時の写真をUPしました。
興味のある方はごらんになってください。

50年以上前の写真ですし、肖像権などありません。
当然、顔は変わっています物ね。

URL↓
http://ameblo.jp/tom-0614/entry-11008391466.html
[ 2011/09/05 10:25 ] [ 編集 ]
貴重な写真
興味深く拝見しました。屋上の洗い場は蛇口ごとに仕切られていたのですね。
[ 2011/09/06 01:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去ログ +

2017年 08月 【21件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【18件】
2017年 05月 【17件】
2017年 04月 【18件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【13件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【19件】
2016年 10月 【20件】
2016年 09月 【24件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【23件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【17件】
2016年 04月 【18件】
2016年 03月 【24件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【22件】
2015年 08月 【25件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【11件】
2015年 05月 【15件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【13件】
2014年 12月 【19件】
2014年 11月 【29件】
2014年 10月 【30件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【30件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【24件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【23件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【23件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【20件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【24件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【19件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【29件】
2012年 08月 【21件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【36件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【31件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【24件】
2011年 06月 【20件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【11件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【1件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【10件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【8件】
2008年 04月 【13件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【7件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【12件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【12件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【10件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【3件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【6件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【7件】
2006年 08月 【6件】
2006年 07月 【1件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【2件】