団地・近代化遺産・建築・まちなみ

書籍『メタボリズム・ネクサス』

メタボリズム・ネクサス
『メタボリズム・ネクサス』
八束はじめ、オーム社

ツイッターから転載。



『メタボリズム・ネクサス』(八束はじめ、オーム社)をやっと読了した。メタボリズム・グループのメンバーや丹下・磯崎氏らの実作・アンビルドの活動と、その時代背景である戦前・戦後の都市計画・国土開発との関係を、400ページ以上にわたって論じた力作。
posted at 01:42:40


一読しただけでは消化しきれないが気付いたことをメモしておく。メタボリズムのメガストラクチャー志向は単なる誇大妄想やユートピア思想ではない。根底には土地私有制への批判がある。敗戦で植民地を失い、農地解放で土地を細分化された戦後の日本では、フロンティアは空中か海上しか残っていなかった
posted at 01:44:52


菊竹清訓氏の実家は福岡県久留米市の資産家だったが、GHQの農地解放で土地を失う。彼がひたすら空中や海上にメガストラクチャーを構築したのは、土地の所有権が細分化されてかえって開発の自由が無くなった状況を受け、これを一気に打開するためだった。
posted at 01:48:53


坂出人工土地は塩田従事者が暮らす木造家屋の建て替え事業だった。大高正人氏も土地の制約から自由になるために大規模なペデストリアンデッキを建設した。
posted at 01:52:34


都市問題を考えるとき、土地私有制がネックだというのは誰しも思い至るわけだが、これをメガストラクチャーという技術で飛び越えようとしたメタボリストに対して、現実的に対処したのが公団などの団地だったといえる。
posted at 02:09:00


私は以前に団地と民間マンションの違いは「商業性の有無」だと述べたことがあるが、これは土地私有制や区分所有制の有無と言い換えられる。団地にも分譲タイプが存在するので一概には言えないものの、「非所有」あるいは「共有」は団地の根幹に関わる概念だ。
posted at 02:16:34


その意味で、「団地はインフラ」という大山顕氏の見解は核心を突いている。
posted at 02:17:01

スポンサーサイト
[ 2012/02/21 23:00 ] 批評・レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去ログ +

2017年 10月 【11件】
2017年 09月 【17件】
2017年 08月 【28件】
2017年 07月 【19件】
2017年 06月 【18件】
2017年 05月 【17件】
2017年 04月 【18件】
2017年 03月 【21件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【13件】
2016年 12月 【22件】
2016年 11月 【19件】
2016年 10月 【20件】
2016年 09月 【24件】
2016年 08月 【15件】
2016年 07月 【23件】
2016年 06月 【11件】
2016年 05月 【17件】
2016年 04月 【18件】
2016年 03月 【24件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【18件】
2015年 12月 【29件】
2015年 11月 【16件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【22件】
2015年 08月 【25件】
2015年 07月 【19件】
2015年 06月 【11件】
2015年 05月 【15件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【19件】
2015年 01月 【13件】
2014年 12月 【19件】
2014年 11月 【29件】
2014年 10月 【30件】
2014年 09月 【31件】
2014年 08月 【30件】
2014年 07月 【21件】
2014年 06月 【24件】
2014年 05月 【24件】
2014年 04月 【21件】
2014年 03月 【23件】
2014年 02月 【19件】
2014年 01月 【28件】
2013年 12月 【31件】
2013年 11月 【23件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【16件】
2013年 08月 【20件】
2013年 07月 【18件】
2013年 06月 【27件】
2013年 05月 【26件】
2013年 04月 【24件】
2013年 03月 【18件】
2013年 02月 【21件】
2013年 01月 【23件】
2012年 12月 【31件】
2012年 11月 【19件】
2012年 10月 【18件】
2012年 09月 【29件】
2012年 08月 【21件】
2012年 07月 【21件】
2012年 06月 【36件】
2012年 05月 【29件】
2012年 04月 【29件】
2012年 03月 【24件】
2012年 02月 【31件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【35件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【27件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【24件】
2011年 06月 【20件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【4件】
2011年 02月 【9件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【10件】
2010年 11月 【10件】
2010年 10月 【6件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【9件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【11件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【10件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【7件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【1件】
2009年 09月 【2件】
2009年 08月 【14件】
2009年 07月 【9件】
2009年 06月 【4件】
2009年 04月 【3件】
2009年 03月 【6件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【4件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【4件】
2008年 10月 【10件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【8件】
2008年 04月 【13件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【3件】
2008年 01月 【7件】
2007年 12月 【10件】
2007年 11月 【12件】
2007年 10月 【6件】
2007年 09月 【12件】
2007年 08月 【2件】
2007年 07月 【10件】
2007年 06月 【1件】
2007年 05月 【1件】
2007年 04月 【3件】
2007年 01月 【3件】
2006年 12月 【6件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【7件】
2006年 08月 【6件】
2006年 07月 【1件】
2006年 05月 【5件】
2006年 04月 【5件】
2006年 01月 【1件】
2005年 12月 【5件】
2005年 11月 【5件】
2005年 10月 【2件】